離職率が低いラジオ局求人

ラジオ局求人TOP >> 条件別のラジオ局求人 >> 離職率が低いラジオ局求人

離職率が低いラジオ局求人

ラジオ局で働くというと、華やかな世界で働くことができると言う面に目が向いてしまいがちですが、ポジションによっては残業・徹夜が当たり前であり、離職率が低いとは言いにくいポジションもあります。多くの人が夢を持って飛び込む世界ではありますが、番組の現場に直接携わる中でもアシスタントディレクターや技術職というのは、比較的離職率が高いポジションと言えるかもしれません。どちらも下積みを乗り越え、アシスタントディレクターならディレクターに、技術職の中でも実力を認められ昇進すると離職率は低くなっていきますが、どちらも好きではないと続かない仕事であり、華やかな世界の裏側という現実を突きつけられてやめてしまう人もいます。

では、どのようなポジションがラジオ局の中では離職率が低いのでしょうか。離職率が低いのは営業や企画と言った直接番組制作に携わるのではなく、番組を成り立たせるために社外の関係会社やスポンサー、広告主などとやりとりを行うポジションです。もちろん、営業や企画も大変ですが、現場で番組を制作することになるポジションと比べれば比較的離職率は低めです。マスコミ業界特有の他社とのかかわり方があったり、社内でも個性豊かな人が多く人間関係に悩まされることもあるようですが、人と関わることが好きな人、コミュニケーションを取ることが好きな人にとってはラジオ局の営業や企画のポジションはおすすめです。求人は正社員で出ていることもありますし、正社員登用ありの契約社員として出ていることもあります。ラジオ局の求人は人気も高いですから、求人情報を細かくチェックし、求人広告が出たらすぐに応募できるように準備しておくといいでしょう。

また、ラジオ局勤務の中で離職率が低いものとしては事務職も該当します。ラジオ局の事務職は総務や経理、庶務など社内全体を管理しているものと、それぞれの部署に配属されるパターンがあります。ただ、時代の流れからこれらのポジションを正社員で募集しているところは少なくなりつつあり、契約社員や派遣社員として働く人も少なくありません。転職を考えている場合、正社員としての求人募集もチェックしつつ、派遣に登録してラジオ局の求人もチェックするようにすると、募集枠を見つけることができる可能性が高まるでしょう。ラジオ局勤務の事務職は、いろいろな事務職がある中でも人気が高くなっています。こちらも見つけたらすぐに応募できるようにしておきたいものです。

ラジオ局の求人も豊富!おすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ラジオ局求人ランキング【※ラジオ局に強い転職サイト特集】 All Rights Reserved.