退職金が出るラジオ局求人

ラジオ局求人TOP >> 条件別のラジオ局求人 >> 退職金が出るラジオ局求人

退職金が出るラジオ局求人

ラジオ局に勤めながら退職金を希望するのであれば、正社員としての採用を目指す必要があります。大手放送局や地方局でも規模の大きなところは、勤続年数の取り決めはありますが、正社員採用であれば退職金が支給されるところも少なくはありません。ただ、ラジオ局は少数精鋭のところも少なくはなく、正社員で雇用する人数が限られているところも多いので、枠が少ないのは事実です。中には契約社員としてスタートしたのちに、実績が認められると正社員登用の可能性ありとしている求人もあります。その場合、正社員登用された際に雇用条件が変わるので、そこから退職金制度が適用されます。またラジオ局勤務でも職種によっては正社員ではなく、契約社員扱いになるものもあります。その場合は退職金制度は用意されていません。

ラジオ局勤務で正社員として雇用されるポジションとしてはデスク、ディレクター、アシスタントディレクター、営業、経理・庶務などの事務などが多く求人で見られます。デスクとはニュースに携わるお仕事で、記者などから送られてきたニュースから放送するものを選び、リスナーにわかりやすいようにまとめたり校正をするお仕事です。報道としての役割が強いですが、ニュースのジャンルは世界情勢はもちろん、日本国内のニュース、地域のニュース、スポーツ、芸能など多岐に渡ります。どんな番組でその放送を行うかもニュース選びには大きくかかわります。デスクは局付なので正社員として求人が出ていることがほとんどで、退職金制度も用意されています。

また営業は番組に必要なスポンサーや広告主を集めるお仕事です。その番組のスポンサーや広告主になることによって、企業にどのような利益を出すことができるのかをプレゼンする立場になります。局によっては営業が企画も同時に行うことがあります。経理や庶務などはラジオ局の裏方として働きます。この職種は他の業界と大きな違いはありません。もちろん、マスコミ業界・ラジオ局特有の部分はありますが、他業界での経験さえあれば、正社員としての登用もされやすい職種です。

退職金制度を希望するのであれば、正社員を目指さなければいけません。しかし、ラジオ局の求人自体そんなに数の多いものではありませんから、ラジオ局にこだわって転職を考えている場合、契約社員から正社員の登用を目指して退職金制度を適用してもらうという道も視野に入れておいた方が、スムーズに転職活動が行えるはずです。

ラジオ局の求人も豊富!おすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ラジオ局求人ランキング【※ラジオ局に強い転職サイト特集】 All Rights Reserved.