既卒okのラジオ局求人

ラジオ局求人TOP >> 条件別のラジオ局求人 >> 既卒okのラジオ局求人

既卒okのラジオ局求人

ラジオ局でももちろん既卒採用は行っていますが、何と言っても人気の高いマスコミ業界にあたりますから、なかなか求人広告が出ず、出たとしても出した瞬間にかなりの応募が殺到する傾向にあります。ラジオ局の規模には大小ありますが、一般企業と比べるとその数はかなり少ないですから、何かしらの求人が常に出ているというわけではありません。

ラジオ局で働くと一口に言っても、そこには様々な職種が存在します。ディレクター、アシスタントディレクター、構成作家、プロデューサー、編成や企画、広報が目立つ仕事だと考えられますが、営業、総務、経理、事務はもちろん、技術職というものも存在しています。既卒転職でラジオ業界を希望する人の中には、すでに別の分野で似たような職種経験がある人もいるでしょう。新卒とは違い、即戦力を求められることが多い既卒の求人なので、職種経験があるのであれば、今までの経験に沿った職種を選ぶことをお勧めします。ざっとラジオ局での職種をあげましたが、この中で構成作家はフリーランスの場合がほとんどで、テレビ局と並行して働いている人もいるのでラジオ局勤務とは言い難いかもしれません。

既卒の場合でも、第二新卒と呼ばれる25・26歳以下の人であれば経験がなくてもいいとしているところもあります。第二新卒の場合に求められるのは、一般的な社会常識がついていることです。ラジオ局の知識、職種に関する知識経験がなくても、社内・社外の方としっかりコミュニケーションを取り、一般常識を持っていることが何より大切です。そして経験がない分、新卒同様、どうしてその仕事がしたいと思うようになったのかという熱意も大切になってきます。マスコミ業界というのは一般企業と比べると個性的な人がたくさんいますから、その中で根気強く人とのかかわりを大切にしながら働いていけるかどうかも採用の際の大きな指針となるでしょう。

技術職への転職を希望しているけれど経験がないという人は、ラジオの専門学校を経てその道に進むという人も少なくありません。技術職というのは専門知識が必要な分野で、求人条件もシビアです。どうしてもラジオ局の技術職に転職したいけれど経験がないという人は、まずは学校で知識を学ぶ必要があります。働きながら学べる専門学校もありますから、もし技術職での転職を希望しているのであれば専門学校を視野に入れて転職活動をしましょう。在学中にはアルバイト募集や、卒業時には就職斡旋もあります。

ラジオ局の求人も豊富!おすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ラジオ局求人ランキング【※ラジオ局に強い転職サイト特集】 All Rights Reserved.