一般職のラジオ局求人

ラジオ局求人TOP >> 条件別のラジオ局求人 >> 一般職のラジオ局求人

一般職のラジオ局求人

ラジオ局求人の中でも一般職求人の場合は、学歴に関係なく応募でき高卒以上であれば応募出来る求人が多くなっています。 それと同時に経験の有無も問わない求人が多く、経験、資格、新卒、既卒であろうと応募対象者となります。 ただし、ラジオ局の一般職求人は嘱託社員という事になるケースも多いです。 ただ、ラジオ局の一般職求人は嘱託社員ですが、半年ごとの更新等という形となり2年契約満了、3年契約満了という求人も多くなります。 ただし、こうした条件の雇用でも各局によって契約満了を5年間とする局もあるので、長く勤めたいと言う希望がある場合はより条件のいい一般職求人を確保し有利な求人を確保出来るようにメディア業界に強い転職エージェントの利用が必須です。

「残念ながら一般職求人の場合の正社員登用求人は少なく、正社員として働ける求人は少なめ」です。 ラジオ局の一般職求人の場合は局によって、そこで担う業務は若干異なってくると思いますが、各部署のサポート的業務、補助的業務が多いようです。 収入は、月収にしておよそ15万円前後。 もちろんラジオ局の一般職求人でも各局によって収入は異なり16万円〜というところもあります。 ラジオ局の求人は職務によって収入差も生じますし、業務も当然違いますので、ラジオ局での就職を検討されている場合は、その辺も十分に把握しより条件のいい求人を確保出来るような転職方法を考える事が必要です。

一般職の求人は比較的募集人数も少なめで、1名という場合が多いです。 そのため、その求人を確保する事は非常に困難ですが、経験の有無を問わない、学歴を問わない一般職求人は、ラジオ局の仕事に対する意欲や姿勢を十分にアピールする事で採用率も高められます。

ただし、ラジオの一般職求人は、パソコンスキルがある、コミュニケーション能力がある、几帳面という方が採用率も高いので、一般職を目指すにあたり、採用率を高められるような心構えと準備が必要です。 一般職の履歴書は、学歴、経験を問いませんが、過去の職歴におけるスキルや経験で採用も左右されますので、過去の職歴でラジオ局の一般職に活かせるスキルがある場合は、わかりやすく端的にアピールする事が大切です。 また自己PRでも職務経歴書では書ききれない知ってもらいたいところを十分にアピールできるよう準備する事が採用率を高める秘訣です。 一般職の求人は少人数の場合が多く競争も高めですが、準備と対策次第で採用率は高められます。

ラジオ局の求人も豊富!おすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ラジオ局求人ランキング【※ラジオ局に強い転職サイト特集】 All Rights Reserved.