休みがとりやすいラジオ局求人

ラジオ局求人TOP >> 条件別のラジオ局求人 >> 休みがとりやすいラジオ局求人

休みがとりやすいラジオ局求人

休みがとりやすいラジオ局の求人といえば、企画求人が挙げられます。企画求人とは、企画制作や企画営業などですが、企画制作はいわゆる番組を作る人を指します。ADやディレクターなどが代表的です。一方で企画営業とは、自社番組のCM枠をスポンサーに買ってもらえるよう営業する仕事を指します。同じ企画求人でも、仕事内容はまったく異なりますが、どちらも共通しているのは『休みがとりやすい』ということです。企画制作でも、ディレクターやプロデューサーになるとADに比べると休みはとりにくくなりますが、激務な職種に比べると休みの調整はしやすいといえます。特に、企画営業は休みがとりやすく、残業もほとんどないのでライフスタイルに合わせて働くことができます。ですから、休みがとれて働きやすいラジオ局求人を探すなら、企画営業を行う企画求人を探すと良いでしょう。

とはいえ、企画営業はスポンサーとのやり取りが重視されますから、決して簡単な仕事ではありません。先にも述べたように、自社番組のCM枠をスポンサーに買ってもらわなければいけませんから、容易ではありません。だからこそやりがいを感じることができ自身のスキルアップにも繋がりますが、休みがとりやすい反面、仕事内容は大変であると理解しておきましょう。

ラジオ局は、管理職ランクの仕事だからといって、休みがとりにくいというわけではありません。むしろ経験を積んだベテランの方であれば、ディレクターやプロデューサーでも休みがとりやすい局は存在します。逆に、ラジオ局の裏方で働いている方のほうが、人件費を抑えるために必要以上の労働を強いられやすいといわれています。そうすると、当然休みはとりにくいですし、稼働時間が多いので大変です。仕事内容が大変でもきちんと休みがとれる仕事と、目立つ仕事ではないけれど人件費の問題で休みがとりにくい仕事と、ラジオ局にもさまざまです。これは、大手のラジオ局・地方のラジオ局どちらであっても変わりはないでしょう。

もともと、不規則勤務の職種です。たとえ求人内容に『週休二日制』と記載されていても、休みがとりにくい局はたくさんあります。どうしても休みがとりやすいラジオ局で働きたいという方は、局の情報をしっかり調べるか、面接のときに質問してみると良いでしょう。ただ、休みのことばかり重視していると、思いどおりの求人を見つけるのは難しくなります。割り切って探すことも、良い求人を見つけるには大切なことです。

ラジオ局の求人も豊富!おすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ラジオ局求人ランキング【※ラジオ局に強い転職サイト特集】 All Rights Reserved.