服装自由のラジオ局求人

ラジオ局求人TOP >> 条件別のラジオ局求人 >> 服装自由のラジオ局求人

服装自由のラジオ局求人

マスコミ業界は比較的服装が自由なイメージがあるのではないでしょうか。確かに現場で働いている人の中には自由な服装をしている人も見かけられます。ただ、スポンサーや広告主をはじめとした外部の人と関わることが多い部署で働くと、スーツの着用が義務となっているようなものもあります。転職の場合は欠員が出たポジションの求人が多いので、応募の時点で企画なのか営業なのか、それとも実際にラジオ制作の現場で働くのかということが明確になっているものがほとんどです。服装自由のラジオ局求人を探しているのであれば、現場で働くポジションを目指しましょう。

ラジオ局にも様々なポジションがありますが、代表的なものとしてプロデューサー、編成部、ディレクター、アシスタントディレクター、報道、コンテンツ部門、営業・企画部門、技術部、事務職と言ったものがあります。この中で服装が比較的自由なのはプロデューサー、編成部、ディレクター、アシスタントディレクター、技術部、事務職でしょう。求人でよく見かけるのは編成部、アシスタントディレクター、技術部、事務職です。これらのポジションは対社内で働くことがほとんどなので、服装に厳しい規定があることが少ないでしょう。もちろんそういったポジションであっても、社外の人と関わることはあるので、その際はスーツだったりビジネスフォーマルの服装をしなければならないときはありますが、基本的には服装自由となっていることが多いです。事務職は女性が行っていることが多いですが、服装自由と言っても来客対応などをする機会があるためビジネスカジュアルが一般的になっているものの、一部の受付業務を除き制服着用となっていることはほとんどありません。

ラジオ局を含めマスコミ業界では、面接選考の際に「服装自由」とされていたり、「私服でお越しください」となっていることがあります。マスコミ業界は一般企業と異なり、その人のセンスを見たいという側面もありますが、服装自由としたときでも一般的な常識を持っているかをチェックされる場合もあります。個性を出すのも大切な業界ではありますし、実際に応募しても服装に悩まされる人は多いようです。この場合、スーツを着ていく必要はありませんが、シャツやジャケットを着用するなどしながら自分の個性をアピールするといいでしょう。服装で面接官に印象付けようとする人もいますが、それよりもセンスがあり清潔感のある服装をしていく方が好ましいです。

ラジオ局の求人も豊富!おすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ラジオ局求人ランキング【※ラジオ局に強い転職サイト特集】 All Rights Reserved.