50代のラジオ局求人

ラジオ局求人TOP >> 条件別のラジオ局求人 >> 50代のラジオ局求人

50代のラジオ局求人

50代のラジオ局求人は20代〜40代の求人と比べるとその数がかなり減ってしまいます。そもそも年代にかぎらずにラジオ局求人自体の数が少ないので、50代の応募に対応している求人を見つけようとするだけで大変な思いをする可能性がありますし、ある程度それを覚悟しておかなければなりません。この年齢でラジオ局求人に応募することを考えるなら本気の気持ちで臨む必要があるでしょう。

50代の応募者に求められるのはそれまでラジオ局業界で培ってきた経験とスキルです。いつからこの業界に入ってきたかで変わりますが、人によってはかなり長いキャリアを持っており、優れた知識・技術をラジオ制作に活かすことができるようになっていることもあるはずです。よほど優れた実績を持っている場合、入社した直後に重要なラジオ局のポストを任せられることもありえない話ではありません。そうなれば一気に収入をあげることもできます。

豊富な経験とスキルを持っている際に気をつけなければならないのは「前のラジオ局を辞めた理由」を選考担当者にいかに伝えるかという点です。というのも、年齢からしても経験とスキルからしても、同じ局で働き続けた方がメリットが大きそうなものだと選考担当者は考えるからです。前のラジオ局を辞めた理由が実際はどのようなものにしろ、悪口のようなことを言ってはなりません。悪口を言うと自分が所属するラジオ局に恩を感じない失礼な奴だと思われる可能性があるからです。

特に近年は中小規模のラジオ局の経営が難しい状態に陥っています。そのため、リストラや倒産などで失業するラジオ局スタッフも多いです。しかし、そのような時こそ局とスタッフが手を取り合っていい番組を作っていかなければならないので、常にポジティブ志向でいた方が採用されやすくなります。

ラジオ局で働いた経験がない場合は「経験不問」かつ「年齢不問」の求人を選ぶことになります。しかし、この2つの条件が揃う求人が常に出ているとは考えない方がいいでしょう。出るとしてもかなり不定期となるはずなので、こまめに求人情報をチェックして見逃さないようにする必要があります。

「経験不問」かつ「年齢不問」の求人の仕事内容には雑用やアシスタントがあげられ、勤務形態はアルバイトとなることが予想されます。なぜこうなるかというと、仕事量が多く、とにかく誰でもいいから人手が欲しいという時にしかなかなか「経験不問」かつ「年齢不問」の条件が揃わないからです。

ラジオ局の求人も豊富!おすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ラジオ局求人ランキング【※ラジオ局に強い転職サイト特集】 All Rights Reserved.