ラジオ局の筆記試験

ラジオ局求人TOP >> ラジオ局転職の基礎 >> ラジオ局の筆記試験

ラジオ局の筆記試験

ラジオ局の筆記試験は応募してきた人の能力を調べるために行います。ラジオ局はラジオを作るための業界なので、その適性があるかどうかを事前に見極めるのが重要で、筆記試験はそのステップの1つといえるでしょう。筆記試験が選考にどれくらいの影響を及ぼすかは企業によってまちまちですが、ケースによっては筆記試験で落とされることで面接までいけないということもありえます。またたとえ解答自体が間違っていても、解答にたどりつくまでの過程が評価されることもあるので、問題を解く努力はおしまないようにするべきです。

ラジオ局の筆記試験のほとんどでは「性格適性検査」と「能力適性検査」のどちらか、あるいは両方を実施します。前者は性格がラジオ制作に合っているかどうか、仕事のストレスに耐えられるかどうか、メンタリティが十分にそなわっているかどうかを採用担当者がチェックするための試験です。

後者はラジオ局で仕事するにあたり最低限必要な能力があるかどうかをチェックするための試験です。専門的な内容ではなく、一般教養ともいえるレベルの問題が出てくるので、気負わずに落ち着いて解けばOKです。特にどのような業界でもそうですが、文章の読み書きに関連した問題が出てくることが多いです。

ラジオ局の筆記試験はどうすれば通過できるかについてですが、まず「性格適性検査」であれば採用担当者に好感触を与える回答を心掛けるといいでしょう。特にこの試験は絶対の解答が存在しないだけに採用担当者側にあわせることが大切です。もちろん正直に答えることも大切なのですが、選考に不利になるようなことをわざわざ書く必要もありません。

採用担当者に好感触を与えるには「コミュニケーション能力の高さ」をアピールするのが有効です。ラジオ局の職場においてもスタッフの連携が重要なので、コミュニケーション能力は高ければ高いほどいいのです。

「能力適性検査」の場合は一般教養を日頃から身につけるようにすることが対策となります。学生の時にしっかり勉強していれば特に何もしなくてもすらすら解けることがあります。不安があれば参考書を買うなどしてきっちりと対策するといいでしょう。

一番簡単なのは身近にラジオ局の求人に応募した人がいればその人に相談することです。筆記試験というものは毎年それほど大きく変わるものではないので、問題の傾向さえわかっていれば対応も楽にできます。ただし、専門的な知識が必要な部門に応募する場合は高度なテストを出されることもあるので、その知識をあらかじめ得ておく必要があります。

ラジオ局の求人も豊富!おすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ラジオ局求人ランキング【※ラジオ局に強い転職サイト特集】 All Rights Reserved.