ラジオ局の自己PR

ラジオ局求人TOP >> ラジオ局転職の基礎 >> ラジオ局の自己PR

ラジオ局の自己PR

ラジオ局の自己PRを考える時は、履歴書等の内容からでは判断できない部分を明確に表現します。 ラジオ局を希望するにあたり志望動機を考えます。 履歴書、職務経歴書には必ず志望動機を記述する事になりますが、 自己PRではその内容だけではわかってもらえない部分を明確にする事が大切なので、志望動機の内容を抑えつつより自分を知ってもらいたい内容を自己PRにします

自己PRは、自分が「ラジオ局に入り何を目的としているか?」また「自分はラジオ局に対し何ができるか?」という部分を自己PRでは面接官も確認したい部分で履歴書などでは判断できかねる部分をハッキリ知り採否の決断をします。 そのため、ラジオ局の志望動機を考える場合は、志望動機では説明できない部分を明確に伝えられるような内容を考えます。 ラジオ局の仕事は、人事異動も多くどこに異動になるかもわかりませんが、入局するにあたりこの業界の何を目指し、自分がそこで何をできるかを明らかに伝える事が自己PRでは必要です。

ラジオ局には、プロデューサーをはじめ編成部もあり、報道、イベント部門もある。 なお且つコンテンツ部門やシステム関係等色々あるので、この「幅広い分野のどこで自分の持っているものを活かしたいか?」また「持つスキルや経験がどのようにそこで活かせるのか?」というのは志望動機だけでは明らかにする事は出来ないので、そうした具体的なものを自己PRではアピールしなくてはいけません。 ラジオ局の面接官というのは、否応なく突っ込んだ質問をしてきますから、そうした質問に対してもしり込みせずにしっかりとアピールしなくてはいけません。

仮にラジオ局に入り自分がそこで活かせる経験がある場合も志望動機では書ききれないと思いますから、自己PRを利用し明らかにするのです。 自己PRとは、言ってみれば自分の中の知ってもらいたい事を全面にアピールすべきところなので、ラジオ局の自己PRを考える際は、その分野を目指す理由やそこで活かせる経験、スキル等書面で記述出来ない部分を明らかにしてください。 とにかく知ってもらうべき事、知ってもらう事で採用率を高められる事をPRすべきなので、自己PRを考える際は志望動機では書ききれない理解してもらいたい部分を十分にPRしてください。

ラジオ局の求人は年々減少傾向とは言われるものの、メディア業界に強い転職サイトには幅広いラジオ局求人が存在し、希望にマッチする求人確保もスムーズです。 また、転職エージェントでは採用率を高めるあらゆる準備を行う事が可能です。

ラジオ局の求人も豊富!おすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ラジオ局求人ランキング【※ラジオ局に強い転職サイト特集】 All Rights Reserved.