ラジオ局の年収・給料

ラジオ局求人TOP >> ラジオ局転職の基礎 >> ラジオ局の年収・給料

ラジオ局の年収・給料

ラジオ局の年収はラジオ局内でのポジションによって異なります。 例えば、ラジオ局内のディレクターという立場になる場合、それに伴う年収は1000万円以上も夢ではありません。 もちろんこれは管理職における収入例なので、ラジオ局に勤めれば誰しもそうした給与を確保出来る訳ではありません。

つまりラジオ局の収入といえども、各ラジオ局によって働きに伴う収入は異なり、ポジションによっても収入は異なります。 ただ、管理職クラスになれば1000万円以上稼ぐ方もいますし、それ以上収入を得ている方もいるのは確かです。 逆に年収が500万円に満たないラジオ局職員もいますから、同じラジオ局に勤めるにしても条件のいい局を選ぶ事も高収入を狙うには必要かと思います。

ただ、福利厚生並びに条件を考え働く場所を探す場合は、大手を狙う方が断然恵まれた環境、収入につながります。 フリーランスという選択もありますが、この場合ある程度仕事を確保しなければ収入が安定しません。 フリーランスで働く場合、何かに縛られ働く事はありませんし、番組1本に対する単価になるので自由に働け、収入もすべて自分に入るメリットがありますが、安定的な収入を見込むならフリーランスは向きません。

このようにラジオ局の年収は最低ラインで500万円未満。 最高ラインで1000万円以上というのがこの業界の年収平均です。 ラジオ局の将来性を考えるとラジオ愛好家は、少し前よりも随分と減っており、その分製作費をあまりかけられないという現状があります。 大体、最近はラジオ製作に携わる人間自体が減少気味なので、その点を考えるとラジオ局への就職は将来性が暗いイメージです。

しかし、ラジオ愛好家というのは今も昔と変わらず大勢いますし、だからこそラジオディレクターの腕にこの業界の将来がかかっているとも言えるわけです。 また、その分この仕事に携わる事によるやりがいは大きく、目標を達成した時の達成感も大きなものを得られます。 面白ラジオ番組を作りたいという熱い思いを抱いた方だけが、今現在もこの業界を支えこの業界に生き残っている人材とも言えるでしょう。

各ポジションによってラジオ局の収入は異なり、局によっても収入は異なりますが、ラジオ局の仕事というのは非常にやりがいのある、楽しめる仕事のひとつでもあります。 ちなみにラジオ局への就職は大学に進み新卒採用試験を受ける、もしくは求人で中途採用を探す形になりますが、残念ながらこの業界の求人は減少傾向にある事も確かです。

ラジオ局の求人も豊富!おすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ラジオ局求人ランキング【※ラジオ局に強い転職サイト特集】 All Rights Reserved.