ラジオ局を辞めたい時

ラジオ局求人TOP >> ラジオ局転職の基礎 >> ラジオ局を辞めたい時

ラジオ局を辞めたい時

ラジオ局に働いていると時には辞めたくなることもあります。これはどのような業界でも珍しくないことで、この際にどういった選択肢を選ぶかでその後の人生が変わってきます。我慢して続ける選択肢もあれば思い切って辞める選択肢もありますし、新たな環境を求めて転職するという選択肢ももちろんあります。

ラジオ局を辞めたくなる理由として多いのは「自分の望む仕事ができないから」というものです。ラジオ局はクリエイティブな仕事で一見とても夢にあふれた職種のようですが、いきなり満足のいく仕事につけるとはかぎりません。入社後、どこの部門に配属されるかは人事担当者の判断次第なので、やりたくない業務を行う部門に配属される可能性もなくはないわけです。

また自分の望む仕事ができたとしても期待していたほどの反響を得られなかったという理由で辞めたくなることもあります。クリエイティブな職業はどうしても結果を残さなければならず、残すことができなければ精神的なプレッシャーが大きくなっていきます。時にはそのプレッシャーに耐えられなくなるということもありえる話です。

しかし、ラジオ局を辞めたくなったとしてもすぐに辞めてしまうのはもったいないです。基本的にこの業界は求人の数が少なく、なかなか働きたいと思っても働けるものではありません。それだけに一度でも採用を受けたのであれば、そのチャンスを大切にするべきです。すぐに辞めてしまった場合、また同じチャンスにありつけるかはわかりません。

また自分の望む仕事ができなかったとしても、長く働くことで自分の望む部門に異動できる可能性もあります。そうすればやりがいが生まれますし、複数の部門を経験することで優れたキャリアを培うことができます。ゆくゆくは出世していき、ラジオ局の幹部になることもできるかもしれません。

上記はラジオ局特有の問題ですが、もちろん仕事としての基本的な悩みによって辞めたくなることもあります。たとえば給与に不満があり、辞めたくなるケースも多いです。ラジオ局の業界全体の給与が低いというわけではないのですが、やはり働く企業・部門・雇用形態によっては給与が低くなることも覚悟しなければなりません。

それから人間関係の悩みもあります。ラジオ局はチームを組んで制作にあたることになるので、スタッフ同士のかかわりが深いです。そのため、人間関係がうまくいけば仕事を楽しみやすいですが、逆にうまくいかずにつまらないと思うこともあるでしょう。

ラジオ局の求人も豊富!おすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ラジオ局求人ランキング【※ラジオ局に強い転職サイト特集】 All Rights Reserved.