ラジオ局の求人倍率

ラジオ局求人TOP >> ラジオ局転職の基礎 >> ラジオ局の求人倍率

ラジオ局の求人倍率

ラジオ局に入るといっても各部門によってその倍率は異なります。 例えば、メディア業界の花形とも言えるアナウンサーの場合で考えると倍率は相当高めです。 ラジオ局のアナウンサーになるとどのぐらいの求人倍率になるかは確定的ではないものの求人倍率が高い事は確かです。 少し前のアナウンサー職における倍率を考えるとその数字はなんと1000倍とも言われていたので、ラジオ局となればマスコミメディアといっても若干異なるので多少下回ると思いますが、いずれにしても求人倍率は高いと思われます。

若い方の中でもラジオ局を目指すという方は大勢おりますので、ラジオ局の求人倍率はそれに伴い高いと言えるでしょう。 大体、求人自体が減少傾向なのに対し、なりたいと言う方が多いわけですからそれに伴う求人倍率はやはり低いとは言えません。 もちろん在京キー局等と比較すればラジオ局の倍率は高いとは言え落ち着いている状態なので、挑戦する事に伴い目的を達成する事はそう難しくはありません。

ただし、同じラジオ局でも地域によってその倍率の高さに違いがあります。 都市部になれば当然人気が集中するためそれに伴いその門は狭くなります。 ですが、ラジオ局の場合は目指すにあたり大手に入る方が将来的な安定性を考えてもよいと思いますし、収入もラジオ局は大手の方が高めなので、ラジオ局への就職を目指す場合は人気で狭き門の求人を確保する事がお勧めです。 もちろん、狭き門という事は競争率が激しくなります。 しかし、求人倍率、競争倍率は、あくまでの数字に過ぎないですから、そうした倍率に惑わされる事無く果敢に挑戦すべき意思が採用を射止めることにつながります。

ラジオ局等を含むメディア業界への就職は人気ゆえの倍率の高い職種ですが、倍率はあくまで倍率と割り切り果敢に挑戦する意欲を持つ事が大切です。 求人倍率、競争率の高い職種と言えるラジオ局の求人ですが「高倍率だから駄目かも‥」等と弱気な姿勢で面接を受けても採用には至りません。 採否の結果をよくするためには自分自身の信念が重要な鍵となるので、ラジオ局を目指す場合は、倍率など気にせず挑戦する事がお勧めです。

ラジオ局の求人探しはメディア業界に強い転職エージェントの利用で採用率を高める面接対策や採用率を高める履歴書作成が行える事になります。 また、より有利な条件で求人を確保すべく、こちらの希望や条件はエージェントがすべて代行してくれます。

ラジオ局の求人も豊富!おすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 ラジオ局求人ランキング【※ラジオ局に強い転職サイト特集】 All Rights Reserved.