ラジオ局求人ランキング【※ラジオ局に強い転職サイト特集】

ラジオ局への転職活動のコツ

テレビに比べてラジオは地味なイメージがありますが、ネット配信やコンテンツの充実など若者を中心に人気を盛り返している状況です。ラジオ局で働いてみたいと考える求職者も少なくありません。

ラジオ局の求人は比較的稀なので、専門の転職サイトを利用して募集のタイミングを逃さないようにしましょう。リクルートエージェントではキャリアコンサルタントが転職活動をしっかりバックアップしてくれるので安心ですよ。

ラジオ局の求人も豊富!おすすめ転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ランキング1位は「リクルートエージェント」です。こちらのエージェントの最大の特徴は「グローバルに活躍できること」です。海外進出はもちろん、外資系や日系企業の求人を広く取り扱っています。そのため、外資系製薬会社の求人も効率的に探すことができます。他にも収入が高かったり、労働条件がよかったりと、求人の質が高いメリットが豊富です。またリクルートエージェントは無料で相談・サービスの申し込みができますし、全国の求人に対応しています。



マイナビエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ランキング2位は「マイナビエージェント」です。ここは20代の転職に自信のあるサービスを提供している特徴があります。実際に幅広い20代転職者の成功事例を持っているので、20代のうちから転職をしようとしている人に向いています。また医薬・医療系職の求人を多く取り扱っているだけに外資系製薬会社の求人も見つかるはずです。サポートしてくれるのは転職市場に詳しいキャリアアドバイザーで、それぞれの転職者に合った仕事を提案してくれます。



type転職エージェント 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
3位は「type」というエージェントです。ここの特徴は年収ややりがいをアップできる転職を狙えることです。実際にこのエージェントを利用して年収アップに成功した転職者は多くいます。職業ジャンルに特化したアドバイザーが転職者の強みを引き出し、外資系製薬会社との交渉も代わりに行ってくれます。利用料金は無料ですが、対応エリアは東京・神奈川・埼玉・千葉のみなので、その点は注意が必要です。




キャリコネ 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
4位は「キャリコネ」です。このエージェントの最大の特徴は上限50万円の転職祝い金です。キャリコネを通して外資系製薬会社に転職し、申請すれば祝い金が95日後に口座に振り込まれるようになっています。それから企業の口コミの閲覧や、複数転職サイトの同時登録といったことができる特徴もあります。特に企業の口コミはその企業で実際に働いている社員が書いているのでリアルな情報です。また利用は無料で、全国の求人に対応しているメリットがあります。



DODAエージェントサービス 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
5位は「DODA」というエージェントとなっています。サポート実績と取り扱い求人数に自信のあるサービスを提供しており、非公開求人も多数紹介されています。求人は全国のものが記載されていますが、なんとそのうちの8〜9割が非公開求人という割合です。業種のジャンルも幅広いため、外資系製薬会社の非公開求人も見つかるはずです。求人自体の質もよく、他のエージェントと差をつけるために集められた優良、好待遇求人を厳選することができます。



ラジオ局の求人事情は?

ラジオの分野は年々働きたいと希望する方が増えている業界でもある半面、ラジオ局の求人自体は年々減少傾向です。 そうは言っても、ラジオ局求人が無いというわけではなく数が減ってきてはいるものの求人自体は時期を問わずあります。 ただ、不況が長引くと同時にメディア業界の年々厳しくなっていますから、それゆえに求人数自体が徐々に減少していると考えられます。

また、大卒以上等の正社員求人の場合は倍率が非常に高く数百倍という求人もあります。 それゆえに求人を確保するには、人よりも早くアクションを起こし万全な態勢で準備を行わなくてはいけません。 ラジオ業界の場合はどの職種においても人気が高いですが、職種によってスキルと経験が重視される求人もありますし、未経験でも可能な求人もあります。 平均に未経験者OKのラジオ局求人の場合は、収入も高収入を期待できるものが少なく正社員雇用という求人も少なめです。

つまりいい条件、いい待遇のラジオ局求人は普通に倍率、競争も激しいので、そこから求人を自分のものにすることというのは、非常に厳しいという事になります。 そのため、その求人を確保するための意思の強さや採用に備えた万全の準備が必要なのです。 求人も減少し倍率も高い求人は、普通の準備ではラジオ局求人の確保は相当厳しいので、自分の強みをしっかり出せるアピール力を備えて挑む必要があります。

このようにラジオ局求人は求人数も少なく競争も激しいので、この業界に強い転職エージェントを利用して万全な準備を整え求人確保に向けた活動がお勧めです。 ただ、転職エージェントは数も多く種類も豊富です。 なので、転職エージェントは必ず放送業界に強いエージェントを選ぶ事も必要です。 そうする事によりその分野の求人数も豊富に抱え職種も幅広く保有していると思いますから、人気の高いラジオ局求人をお探しの場合はラジオ業界に強い転職エージェントの利用を検討してください。

また、放送業界は意欲だけでは務まらないところも十分に考えられる業界です。 心も強い事はもちろん、体力的にも強く無いと務まりません。 ラジオ業界のようなメディア業界では、変則的な労働に耐える事も時として必要になる現場なので、そうしたメディア業界の勤務状態もよく認識し転職は検討しなくてはいけません。 魅力的な仕事で、やりがいもある仕事と言えるラジオ局の仕事ですが、その背景には求人数が年々減少傾向である事と人気ゆえの高倍率である事は認識しなくてはいけません。

ラジオ局の採用基準は?

ラジオ局の採用基準を考える場合、まずどうすればラジオ局職員になれるかを考えます。 ラジオ局の職員になるには大手になればなるほど高学歴の新卒者を採用するケースが多いです。 つまり、採用基準も学歴という事になります。 もちろん各局によって、その基準は異なりますが、大手になればなるほど学歴を重視し採用を考えるというケースが多いと考えなくてはいけません。 ただ、 ラジオ局に入社し制作チームに配属されるかは運に左右されるところもあるので同様にラジオ局に就職しディレクターになれるかどうかは、学歴と運が左右するといっても過言ではありません。

ただ、ラジオ局職員になるためには専門学校卒業後入職するという手段もあり、放送機器の基礎を学びそれを活かしラジオ番組の制作会社へ就職すると言うケースもあります。 なので、ラジオ局職員を目指すには、大学進学を経てラジオ局就職を狙うか、専門学校で放送機器の知識を習得しラジオ製作会社の就職を目指すかの二通りの選択肢があります。また、いずれもラジオ局職員になる事は可能で、活躍によってはラジオ局ディレクターになる事が出来ます。

もちろんディレクター、管理職になるには学歴と運が必要になりますが、ラジオ局に就職する手段はこの2つの方法があると言う事になります。 ですが、ラジオ局分野の求人というのは年々減少している分野ですから、中途採用等の求人を探すには比較的難しい分野である事も否めません。

ラジオ局に就職する手段、ラジオディレクターになる手段は幾つかの方法がありますが、結果的に求人は好きないので、よほどこの分野の仕事に向いている人でなければ目的を果たす事は難しいでしょう。 ラジオ局の採用基準は学歴等と言えますが、ラジオ局に入りたい場合はラジオ局の仕事に向いている方でなければいけません。 ラジオ局の仕事に向いているというのは、基本的に音楽が好きでなくては務まりませんし、コミュニケーション能力の乏しい方では向きません

もちろん各ラジオ局のポジションにより必要になるスキルは異なりますので、必ずしもそれらが必要というわけではありませんが、基本的にラジオ局に入りたい場合は音楽全般が好きで人とのコミュニケーションが好きでなければ勤まらないのです。 ラジオ局の求人は年々減少傾向で求人自体が探しづらくなっていますが、ラジオ局の入職を希望する場合はこの分野に特化する転職エージェントの利用が求人数も多くお勧めです。

ラジオ局に強い転職サイトは?

ラジオ局に強い転職サイトについてですが、たとえば全体の求人数・種類が多いものがあげられます。全体の求人数・種類が多いサイトであればラジオ局業界の求人もそれだけ多く扱っている可能性が高くなるので便利です。特にラジオ局業界の求人は他の業界と比べて少ない傾向にあるだけに、利用する転職サイトの求人数・種類の豊富さには注目しておくべきです。

また求人数・種類に近い話ですが、非公開求人を多く取り扱っていることもラジオ局に強い転職サイトの条件です。非公開求人とは何かというと、インターネットでただ検索するだけでは出てこない貴重な求人情報のことを指します。一般公開求人と比べると人材を厳選する傾向にあるため、給与や待遇もそれだけ優れたものになります。ラジオ局の中でも特にこだわって求人を探したい人に向いているコンテンツです。

それから担当のアドバイザーがついてくれるサイトもラジオ局の転職に強い特徴があります。というのも、担当につくアドバイザーは特定の業界に精通していることが多く、中にはラジオ局業界に詳しい人もいるからです。そういったアドバイザーがついてくれればラジオ局の求人に絞った情報提供を受けられることになり、転職活動の無駄がなくなります。

特にラジオ局の業界にまだまだ慣れていないという人は担当のアドバイザーによるサポートを必要とすることが多いです。業界に慣れていないとどのように転職すればいいのかという初歩的なことすらわからないものなので、手取り足取り教えてくれる存在がいると心強くなります。

また担当アドバイザーはラジオ局業界に特化したサポートだけでなく、履歴書作成や面接対策などの基本的な転職アドバイスもしてくれます。いくらラジオ局特有の知識があっても基本的な転職スキルがなければ選考に落ちてしまいます。そのため、自分を優秀な人材だとアピールするための履歴書作成や面接対策を徹底しなければなりません。

他に「転職者の適性に合った求人のマッチング」ができることもラジオ局に強い転職サイトの特徴としてあげられます。ひとくちにラジオ局に転職したいといっても、どの会社のどの部門のどのような仕事に向いているかは人それぞれです。そのため、自分に向いている仕事をいち早く見極め、それに即した求人に応募することがラジオ局の転職で成功する秘訣です。

たとえばラジオ局の求人をたくさん取り扱っていたとしても転職者の適性にまったく合っていないものを紹介するようなサイトだとあまり強いとはいえません。


Copyright (C) 2014-2018 ラジオ局求人ランキング【※ラジオ局に強い転職サイト特集】 All Rights Reserved.